いくら債務整理中とは言ってもお金が必要なことには変わりありませんよね。

とくに無職ならなおさらです。

「債務整理中、任意整理中でも闇金以外で即日審査に通ってキャッシング可能だよ」と相談に乗ってくれる消費者金融ががあれば最高じゃないですか?

気を付けていたつもりがクレジットカードを使い込んでしまい

給料以上の買い物をクレジットにて行ってしまいその支払いにお金が足らず困りました。

  • クレジット請求に支払うお金が足りなくなりました
  • 一人暮らしをしており、自炊をしておらず食事の費用に困りました
  • 請求を支払うためにまた借りるという自転車操業に陥ってしまいました

支払いのことをことを考えると憂鬱で仕事も集中できず、金策のことばかりを考えていました。

なぜ後先考えずに使用してしましったのかと後悔ばかりで辛く、お金のことを逆に考えないようにしようと気分転換に努めるようにしていました。

その際にはじめて消費者金融にてお金を借りるということを考え、不安でありましたが前向きに考えるようにしていました。

最初は借金が自分のお金ではないことに気づけなかった

借金をして当面の困りごとを改善できたことで気が緩み、限度額が自分の貯金の様に思えてしまいました。

借りる前までは質素な生活をしてすぐ返済していこうと思っていましたが、余裕ができると少しくらいいいかと思ってしまい、欲しいものを買ってしまったり、外食でお金を使ってしまったりしてしまいました。

生活に関してはお金に余裕ができた分、今まで以上にお金を使ってしまうという傾向がでてしまいました。

でも、お金がないことを放置していたらとんでもないことになってたかも

そのままお金がないことを放置していたら、おそらく自己破産につながっていたかと思います。

支払いがショートし破産宣告をする必要があり、貧困生活に陥ってしまっていたのではないかと思います。

もしくは両親に話し、肩代わりをお願いしていたかもしれません。

借金をすることでしか現在の苦境を乗り越えることができないため、しょうがないと自分に言い聞かせました。

また、インターネットのサイト等で同じ様な境遇の人の意見を聞いたり見たりして、自分だけではなく多くの人が借金を普通にしているのだと自分に言い聞かせました。

一度借りた後は、その抵抗感はなくなっていきました。最初の借り入れの時はかなり抵抗があり、何日も悩んだことを覚えていますが、借金によりお金のことを改善することができて、色々と不安におもうことや不自由に思うことが改善できたと感じております。

人の悩みは様々ありますが、一番はお金か人間関係であると思います。悩みがある中、生活をしていると気分も沈みやる気も起きず、マイナスの連鎖に陥ってしまいます。

そういう状況では仕事のパフォーマンスも落ちてしまいますし、人間関係にも悪影響が出ると思います。

悩みはひとつでも少ないことに越したことはありませんので、改善できたことはよかったと感じております。

借金は悩みを解決する手段の一つ

もしお金で悩んでいるのであれば、借金もひとつの手ではありますが、本当に借り入れをする必要があるのかを声をかけたいと思います。

お金を借りるということは金利もつき、金利の支払いのみで原本が一向に減らないことも往々してあります。

消費者金融に借りる前に自信の生活を見直すや車等のぜいたく品を手放す、親に相談してお金を工面する等、様々な行動ができるとおもいます。

まずは自身でできることを行ってから最終手段として借金をすることを勧めたいと思います。

借金にはそれなりの苦痛もあるけど考え方によってはモチベーションも上がる

借金返済には大きな苦痛があります。

モチベーションを保つためにも給与額を上げていくことを目指しております。

給与を上げることは自身の仕事のスキルを上げていくことにもつながります。

また、返済の最終を考えるようにしています。

いつになったらこの借金がなくなるのかを考え、ゴールを目指すことで返済へのモチベーションを上げています。

貯金をすることと同様に借金が目に見えて減ることがモチベーション維持となっていると思います。